2015年04月22日

復縁が難しいケース


 復縁が難しいケースを2つ紹介します。

1.相手が家を大事にするケース

 人は生まれ持った性格もありますが、育った環境によって考え方がかなり違います。最近では、このようなケースは減っていると思いますが、父親の考え方によって、その家の方針が決まるという家庭も少なくありません。


結婚とか恋愛というのは、個人の自由ですが、親の承諾がなければ、日本ではまだ難しい場合があるようです。親の反対にあって相手が躊躇しているような場合には、復縁して結婚ということになることは、まず考えられません。


 昔からの名家に育った人や地方出身者には、このような考え方が強く残っている場合があるので、そのあたりをよく確かめて、早く諦めた方が良いでしょう。



2.相手がもっと相性の良い人に乗り換えた場合

 男女の仲というのは、外から見ていても本当によく分からないところがあります。もし、付き合っていた相手が、あなたよりももっと相性の良い人を見つけて、そちらに乗り換えたことで別れることになったような場合には、まず復縁できる可能性は少ないと思ってください。


あなたよりも相性がいいのですから、別れてまた戻ってくる可能性は低いと考えなければなりません。なので、こういうケースになった場合は、すぐに諦めて、あなたももっと良い人を探すべきです。


相手が相性の良い人を見つけたのですから、あなたももっと相性の良い人が見つかるはずです。


posted by love109 at 16:36| 復縁の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。